「目に入るモン」

2009/10/17 Sat 23:13

目に入るモン!

そう口癖のように毎日言うミユ。
これは朝起きて寝言のように言うときもあるくらい。
これは「シャンプーすると水が目にはいるからいや」って
ことらしい

ミユは注射と同じくらいシャンプーが大嫌い。
ずっと嫌いだったけど、この数週間手におえないくらい嫌がる。
お風呂前になるとぶつぶつ「目にはいるもん」を繰り反し、
ついにお湯を頭にかける瞬間になると、大声で悲鳴のような
声を出し泣き叫ぶ。ジタバタして逃げようとする。
私がもつシャワーの手をつかみ阻止しようとするなど・・・
彼女なりに毎日策を練り、対抗してくる。

しかしあっけなく「ざばーん」と私に頭からお湯をかけられる。
するとますます泣き叫び「目にはいった」「目にはいった~」と泣き叫ぶ。

ソウとナルはそれを湯船からのんびり見守ってる。
二人ともお風呂は大の得意。

ミユとシャンプーの戦いま毎日繰り広げられもう私も疲れた・・・
怒ったり、あやしたり。なだめたり、無視してお湯をかけてみたり。
シャンプーハットを試したり。
こっちはこっちでいろんな策を投じた。

ダメだった。

ある日、もうミユとのシャンプー戦争に嫌気がさした私はパパに相談。
パパがとった策は・・・

「ミユよーくみとけよ」
といい
目を思いっきり見開いて、頭からザバザバ自分の頭にお湯をかけだした。
ちょっと怖かった。

そして「な。もし目に水が入ったとしてもいたくなーい!」と言い聞かせた。
ミユは無言で見つめつぶやいた
「目に入ったら痛い」

パパでもダメだった。

そしてとった最後の作戦!!!!!!!!

それはミユが絶対に負けたくない相手。
最大のライバル、隣のかっちゃんと一緒にお風呂に入ってもらうこと。
4歳のかっちゃんは毎日、ミユと遊ぶ中。
そして泣かし泣かされる最大のライバル。
おもちゃを取り合い、奪い合い。
食べもの、おりがみなんでも貸す、貸さないの駆け引き。

朝から晩までバトルを繰り返してるライバルなのだ。

そんなライバル、かっちゃんが、泣かずにシャンプーをしているところを
みせればきっと、負けず嫌いのミユは克服できるはず。

実践!

かっちゃんと一緒にお風呂にいれた。
ざばざばお湯をかけても平気なかっちゃん。
湯船に顔をつける技までミユに披露して見せた。

どうだミユ!
かっちゃんはすごいぞ。ミユだってできるだろといわんばかりの
口調でさとし。いよいよミユのシャンプーの番。

への字口で、逃げ出したい、泣き出したい口を必至でこらえ
目で私に訴えている。
頑張れの気持ちを目で返しつつ、お湯をかけた
すると
「ひ・・・ひ・・・ひ・・・・うぃ」とうめきつつ
耐えた!耐えた!

すごーい!!!!!!!!!!

やったぞミユ!

拍手喝采。

そしてこの拍手。
それから3日間、毎日我が家のお風呂で鳴り響いている。




ランキングに参加しています。気にいっていただけたらぽちっとお願します。
励みにします!!



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
日々 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »