10月から始まった秋レッスンも無事に全日程終了いたしました、
たくさんの方に受講いただきありがとうございました💛

11月のカフェショコラローフ
いわゆる食パン。
2種類の生地を成形するパンでした。

復習されている方も多いようなので
ちょっとしたうんちくを(笑)


べたついた生地でこねにくかったかと思います。
生地量も多く、生地がしっかり立てに焼きあがるように
しっかり捏ねましたね
一番のポイントはコネ!・・と言いたいところなんですが

実は焼き上がりを大きく左右したのは
成形なんです。

「綿棒の扱い」
どうしても綿棒の扱いが苦手という方が多い。
今回も多かったです。
しかし成形で綿棒で何度も何度もロールされつぶされてしまった生地は
二次発酵でいくら休憩をとっても
焼き上がりは疲れたパン。
めもつまった焼き上がり。

ベンチタイム後緩んでふっくらした生地を
いかに最少回数で優しく定型に伸ばせるか
がポイントになります。

ふっくら優しくのばされた生地は
二次発酵でも優しくのびのびと成長して
焼成でもぐんと伸びてくれます。

もちろん焼き上がりも
ふっくら。

そういうポイントを踏まえると
パン作りはどの工程もパンが疲れないように優しく
というのが大事であるといえます

力いっぱいコネねればよいかと言えばそうでもない生地
早くこねればいいかと言えなそうではない生地
生地それぞれの材料と個性を
より引き出せてあげれたパンが綺麗に美味しく仕上がる
「おうちぱん」


ぜひ次回焼く時は
綿棒を使う時優しくね~と言いながら
成形してみてくださいね。

ふっくら
綺麗な渦巻き断面が見えることだと思います💛

PA313047.jpg



次のブログでは
12月メニューの紹介をしますね!!!


そして
今週はいっきに寒さも進むようですね。
気をつけてお過ごしくださね!







<ランキングに参加しています。気にいっていただけたらぽちっとお願します。
励みにします!!


にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
レッスンの様子 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示