FC2ブログ

強さと優しさ

2018/02/13 Tue 21:11


夕飯の時は子供達と色々な話をする時間

決まって子供達は今日学校であったことを
口々に話だす

たいていは、
気になったことや口に出して言えなかったこと
自分では解決できなかった疑問に感じたこと
傍観者となって腑に落ちなかったことが多い


年齢があがってくるにつれて
どうして人をすぐに叩く子がいるのか
また叩かれる子はいつも同じなのか
どうしてすぐに人の短所を口にだしてけなす人がいるのか

聞いていると切なくなってくるような話も多々ある


これらは子供たちの世界には
いつも身近にある問題なようだ

子供が言った
叩かれてばかりいるのにとても強いから泣かない子がいるんだと

とても悲しくなった
それは泣かないんじゃなくて泣けないんだよ
悲しくて悲しくて泣きたくても泣けない子もいるんだよ

涙がでたから傷ついていないわけじゃないし
泣いている子の方が強く傷ついているわけでもない
と言ったら
それは子供も少し気がついているようだった


そして
私はいつも子供達にこういって聞かせる
強さと優しさは同じところにあるんだよ

強いだけで人を傷つけることは強くない
優しいだけで眺めていることは優しくない
強いとは優しいこと
優しいことは一番の強さだと


人を叩き、人を傷つけることを平気で言うことは
一番弱い人間がするがことだと思いなさい

それが解っていれば
誰が本当に強くて優しいのか
わかるでしょうと


難しいと思う
大人でも難しい

でもちゃんと
思いやりの心にしっかり水をやって
大事に大事に育てて
太くてしっかりした根をこころにはってほしいと願う




スポンサーサイト
日々 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示